年末年始休業日のお知らせ
本年も弊社をご愛顧いただきありがとうございました。
誠に勝手ながら、弊社の年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。
休業中のお問い合わせ等は本ホームページ上より、またはFAXにてお願いいたします。
1月5日より順次ご連絡させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
 
<年末年始休業日期間>
平成29年12月28日(木)~平成30年1月4日(木)


負荷試験に関する最新情報news


メディアによる報道
2018年9月1日
週刊ダイヤモンド new!
病院の非常用発電機のずさんな点検実態が一向に改善されない理由
~災害発生時に停電になった際、エレベーターやスプリンクラーといった設備を動かすために使われる非常用発電機。しかし、大規模な病院や主要な公共施設でさえ義務づけられている点検を怠っており、万が一の際に作動しない可能性がある。~
続きを見る

消防機関の動き
2018年6月1日
消防予第372号 new!
「消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式の一部を改正する件の公布について」
消防予第373号 new!
「消防用設備等の点検要領の一部改正について(通知)」
続きを見る

議会の動き
2017年6月7日
衆議院内閣委員会
日本維新の会 浦野靖人議員
「東日本大震災での非常用発電機不稼働と負荷試験実施率の実態について」
続きを見る
負荷試験をはじめ、非常用発電機に関する話題を幅広く発信しています。
 
低圧非常用発電機の負荷試験手順(音量にご注意ください)


2018年6月1日 非常用発電機の負荷試験に関する消防規定が大幅に改定されました!
①ディーゼル発電機には負荷試験に代わる点検方法が追加されました。
②ガスタービン発電機には負荷試験義務が課されなくなりました。

※多くの場合、過去に遡り指定の点検整備を実施していることが記録等で確認できない場合は、まず負荷試験若しくは内部観察を実施する必要があります(ケースにより異なります)。詳しくはこちらをご覧ください。

非常用発電機の法定負荷試験、法定整備load test

災害時に必要な消火用設備、避難用各種設備に電力を供給する非常用発電設備の点検、負荷試験を含めた整備全般を承ります。当社では、全国での豊富な実績を元に消防法で定められた30%以上の負荷率での模擬負荷試験を推進しています。

あなたの施設に設置されている自家発電設備(非常用発電機)は適切な点検整備がなされていますか?
平成30年6月に、消防用の自家発電設備負荷運転に関する規定が大幅に改訂されました。
年次点検(整備)のことなら実績豊富な弊社にお任せください。
最短即日でお見積もりいたします!
お急ぎのお客様、取り合えず概算の価格を確認してから検討したいというお客様もお気軽にお問い合わせください!
 → 負荷試験料金プランはこちら
 → 見積りお申し込み専用フォームはこちら

※当社の模擬負荷試験なら短時間の停電も許されない医療施設も停電なしで試験可能です。
↑当社の模擬負荷試験概要はこちらよりご覧ください。
非常用発電機の負荷試験に関する報道を紹介しています。

2017/12/22 河北新報
<自家発電試験未実施>福島県庁も未実施 福島市有は全15施設

2017/12/21 福島中央テレビ 
発電機の試験 県庁と福島市役所で実施せず(福島県)

2017/12/21 福島民報
防災用発電機の法定負荷試験 県庁、福島市役所未実施

2017/12/21 河北新報
<自家発電試験未実施>市立病院など仙台市の48施設非常用、年度内実施へ

2017/12/20 河北新報
<自家発電試験未実施>仙台市、総点検7月に前倒し 修繕予算に反映しやすく

2017/12/19 河北新報
<自家発電試験未実施>仙台市の一部施設、点検報告を最初から不備のまま提出、2施設は受理

2017/12/16 河北新報
<自家発電試験未実施>動かぬエンジン1年以上放置 仙台市有施設の一部、停電時消火ポンプなど動かせない恐れ

2017/12/15 河北新報
<自家発電試験未実施>仙台市施設の法令違反状態、一部は複数年に 点検業者少なく法律空文化の可能性

2017/12/14 河北新報
仙台市有48施設 非常用自家発電の法定負荷試験未実施

2017/11/19 西日本新聞
非常電源の点検義務が形骸化 病院やホテル…災害時の“命綱” 未実施でも行政黙認か
高額費用が点検の重荷に 非常電源の負荷運転

2017/6/1 経済産業新聞
いざと言う時に動かない非常用発電機

2017/3/18 週刊ダイヤモンド
東日本大震災の教訓はどこへ 作動しない非常用発電機の恐怖

2015/7/27 週刊ビル経営
悲劇の歴史を繰り返さないために ビルを違法状態にしないために 非常用発電機の負荷運転試験とは

非常用発電機メンテナンス
非常用発電機のメンテナンス
当社では経験豊富な非常用発電機専門の技術者が、様々な整備状況の異なる非常用発電機に対して的確な診断を行い、万一の際に確実に作動するように必要な整備を実施します。
負荷試験
模擬負荷試験
万一の際に正常に発電できることを確認するとともに、エンジン内部に蓄積された未燃焼物を排出させる効果もある負荷試験を行います。負荷試験は必ず法令で定められた30%以上の負荷率にて、全国にあるお近くの代理店が迅速丁寧に実施します。
0120-06-0071 contact
電話受付時間 平日 9:00~18:00

低圧非常用発電機の負荷試験手順(音量にご注意ください)
負荷試験に関する情報を幅広く発信しています。
 

新着情報news

2018年8月16日
・9月、10月のセミナー開催予定をアップしました。
2018年6月1日
・消防庁告示第12号が公布、施行されました。
・消防予第372号、373号が発出されました。
負荷試験の扱いが従来から大きく変更されています。詳細はこちらをご覧ください。
2018年5月11日
「よくある質問」を一部更新しました。
2018年1月5日
「代表挨拶」を更新しました。
2017年12月22日
負荷試験の概要他、内容を更新しました。
「負荷試験情報」のページを新設しました。
「よくある質問」を更新しました。
2017年11月13日
・ホームページをリニューアルしました。