代表挨拶

現代社会において電気は日々の生活を支える基盤であり、電気を一時的に失うということは生活の不自由を誘発することは勿論、状況によっては、生命をも脅かす危険を伴います。
特に、消防設備においては電気との連携が密接であり、大量の電気があるからこそ迅速で正確な消火・避難活動が出来ることから電気の安定した供給は非常に重要であると考えられています。

しかしながら、停電をした時の最後の砦である非常用発電設備においては、日本のインフラが充実していることもあり、重要性に関する認識が未だ著しく低くなっています。
日本は災害大国で、東日本大震災や台風等で、多くの命が奪われました。そのなかで実際に非常用電源が作動しなかったために人命が奪われた事実がありますが、ほとんど報道されていません。このような停電リスクに対応するために、一定の規模の商業施設、病院、ホテル、マンションなどは、非常用電源装置を備えることが法律で定められているのにもかかわらず、まだまだ認知度は低い状態です。

2018年度の消防法改正に伴い、非常用電源の点検が、負荷試験を義務付けられる新基準となり厳格化され、関心度も上がり点検業者も増えてまいりました。
それ自体は喜ばしいことではありますが、未だ新興事業ということもあり、モラルやルールが徹底されてないことも多く課題を残しております。そのなかで、我々はすでに負荷試験のパイオニアとして活動しており、注目されるようになりました。

当社EGMSは人命を守る使命を全うする専門家集団です。提案・説明から施工に至るまでお客様に寄り添い、リーズナブルな価格設定で安心安全なサービスを提供いたします。
非常用発電機の整備点検問題にかかわっている一つの事業者として、社会のルールを守りながら引き続き皆様のご支援のもとリーディングカンパニーとしてこの業界を引っ張っていこうと考えている次第です。
株式会社非常電源メンテナンスサービス
代表取締役
洲濵 拓志